めまいは耳鼻科や食べ物で改善できる|健康を取り戻せ

使いやすい

病院

超高齢化社会における需要

補聴器の費用は高額でありますが、利用者にとって費用を見た選び方ではなく難聴の症状に応じた選び方が可能となっています。将来、3人に1人は高齢者と言われている超高齢化社会では、補聴器の需要が上昇する予想がなされます。老化による難聴は、補聴器に頼ることしかできない為、製造メーカーによる更なる技術開発や競争激化も予想されます。一方、高齢者あるいは難聴者が増えるにつれ、社会保障にかかる費用は必ず膨れ上がります。利用者にとって望むものは、補助金や医療費控除の制度の継続です。補助金が無くなることによって、費用のみを観点とした補聴器の選び方や難聴の放置は避けたいものです。

補聴器に対する将来の注目点

補聴器の需要は、高齢化に伴い高まる予想を述べましたが、高齢者人口に対して需要が増えるかどうかは将来の注目点となります。現在、補助金制度における購入・選び方が行いやすい環境にありますが、補聴器を付けるか付けないかは本人の意思によるものです。医師の判断によって強制的にというケースは非常に少ないのが現状です。補聴器をつける事が恥ずかしい、自分自身が日常生活に不自由しないなどの理由からも、難聴であっても装着しない方は現在でも多く、将来も同様なことが言えます。難聴であることは自分自身のみならず、他人にも迷惑をかけてしまう事があるものなので、補聴器を積極的に利用しようとする意思が必要なのです。ただし、本人の意思だけでなく家族や周囲の方が本人のサポートをする事も忘れてはなりません。難聴に対して本人や周囲の人間がどれだけ注目するかによって、今後の補聴器の普及を左右すると言っても過言ではありません。